弁護士から裁判官になる方法について

司法の世界で弁護士から裁判官になる方法について

我々の生活を守る司法の存在

我々の生活を守り、安全な暮らしのために必要なものに司法の存在があります。
私達の権利を守り、善悪の裁定をつかさどる重要な存在となっています。
気がつかないうちに司法という決まりごとの中で規律を持たされて生活しているのです。
その司法という世界で職業として携わって行きたいと思われる方もきっと大いに違いありません。
しかし司法の世界はとても難しく狭き門であり、ごく限られた人しかその世界に入れないとも言われています。
またそのキャリアもいろいろなものがあります。
一般的に有名なところとしては弁護士があげられるでしょうか。
厳しい司法のキャリアの中でも比較的取得しやすく開業もしやすいところがあるようです。
ただ弁護士は比較的個人営業と言う感覚が強いのに対し、その上の裁判官などは司法の中でも一番上のクラスに位置します。
何しろ国家資格でもあり裁判そのものを裁くとても裁量の重い職業に位置します。
司法を目指す方なら一番なってみたい資格になるのではないでしょうか。
なかには弁護士からステップアップを目指し長い年月を掛けて裁判官を目指す方もいらっしゃるようです。
個人開業と違い社会的地位がまったく違い日本という国の司法で最高位置にある憧れの資格でしょうね。
ではどのようなステップを踏めば弁護士から裁判官にステップアップできるのでしょうか。
このサイトではその弁護士から裁判官になるステップを深く掘り下げ、探求してみたいと思います。