司法の世界で弁護士から裁判官になる方法について

弁護士という私達個人の権利を守る存在

司法の中の弁護士という存在の位置付け

司法のなかでの弁護士というものの位置付けですが、これは私達国民に近い反面司法としては下の存在ということになるでしょう。
実際個人開業がほとんどというのが実情をあらわしているかと思います。
しかし扱える用件も決して少なくはなく、司法には欠かせない存在となっているのが弁護士の実際だと思います。
また弁護士は司法以外に民事や我々の生活に割りと近い案件も取り扱えるので個人事業としては仕事さえ途切れなければ意外と仕事に困らないという側面もあります。
しかし逆に司法の高官が引退してからの仕事に弁護士を選ぶなどライバルの出現も多く、競争が激しいのも弁護士業界の特徴といえるでしょう。
そして弁護士から司法の道へキャリアアップを狙う人も多いというのが最近の特徴となっています。

実際の弁護士の活動とは

実際の弁護士の活動には一番大きな仕事としては民事、刑事の訴訟弁護という仕事が一番多いでしょう。
これは我々民間人の間で争いごとや揉め事があったときにその仲裁に入るかいずれかの立場の弁護にあたり法廷で問題を解決すると言うものです。
刑事訴訟はもっと大きな問題で犯罪を犯した人の弁護を行い、冤罪の場合は無罪を勝ち取り、有罪の場合は刑の減刑を司法に要求すると言うものです。
他には離婚の調停や借金を法的に整理する為の手続きなど民事に関したことが多く取り上げられる事例としては多いです。このように弁護士の仕事内容は実に我々民間人の生活から起こりえる事柄を扱うことが多く、資格を持った時事牛主といった印象が強いですね。


このPostをシェアする